俳優の間宮祥太朗が、29日放送のテレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊‼』(後7:00~)にゲスト出演。サイコロを振って、出た目の数だけバスに乗って旅を続ける「秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅 バスサンド」に再挑戦した。

【写真】路線バスに乗る出演者5人

 「バスサンド」2度目の参戦となる間宮は、前回、箱根の峠越えという過酷な旅を経験。その際、延々と歩き続けた旧街道がトラウマになっているといいい、「旧街道があったら、帰りますよ! 旧街道は共演NGです(笑)」と、戦々恐々。

 今回は、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの地元を旅する東北第2弾として、福島県北塩原村、通称「裏磐梯」へ。間宮のほかに、草刈民代、中岡創一(ロッチ)が旅をともにする。

 歩きながら「もしずっとお店がなかったらどうするんですか?」と尋ねる草刈に、「歩き続けるんです。私たちは店を探すしかないんです」と、かっこよく言い切ってみた伊達みきおだが、飲食店がある気配は皆無。そんな状況が続き、「一歩も歩きたくない」「すべての道が動く歩道になればいいのに」とボヤき始めた伊達と富澤たけしの顔は、汗でみるみるずぶ濡れ状態に。

 そんな“顔びしょびしょサンド”とは対照的だったのが、間宮。「間宮くんって顔に汗かかないよね。さすが役者!」と伊達が驚がくするほどに、涼しげな表情をキープし続ける。

 徒歩での移動中には、神秘の湖沼・五色沼など国内屈指の絶景や、道に咲くバラの花などをバックに間宮と中岡がフォトジェニック対決を繰り広げる。「普通にしてるだけやのに面白くなってしまってる…なんで!?」と、自分の写真を見てガク然とする中岡。富澤も「中岡の写真を撮ろうとするとなぜかピンボケになる」と、思わず苦笑する。対する間宮は、「もうこれ年賀状にできるわ!」と伊達が絶賛するほどのイケメンっぷりと、その差は歴然!? 明暗が分かれてしまった2人の写真も見どころだ。

 バスの中では、同局のドラマ『べしゃり暮らし』(毎週土曜 後11:15~深0:05)で、芸人を目指す高校生を熱演中の間宮が、「漫画の中に明らかにサンドウィッチマンさんっていうコンビが出てくるんです。毎回漫才をするシーンもあって楽しい!」と語ると、伊達は「今日はまだ芸人に関して勉強になった場面がないよね? 芸人としてのお手本を見せてあげて」と、中岡に大喜利をむちゃブリ。「コカド(ケンタロウ)くんに電話していいですか?」とアタフタする中岡だが、間宮の出すお題に、プロの芸人としての腕を見せつけることができるのか、その顛末もお見逃しくなく。

 途中で雨が降り出すなど、悪条件のもとで歩き続ける一行は、無事ゴールの温泉にたどり着き、“天然の化粧水”と言われる黄金の湯に浸かることができるのか? 間宮は、トラウマを克服することはできるのか…。