フィギュアスケーターの浅田真央が、チャリティーパーソナリティを務める今年の日本テレビ系『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)で立川ろう学校の生徒たちとタップダンスに初挑戦することがわかった。28日に放送された『24時間テレビ先行公開SP』で発表された。

【写真】羽生結弦選手によるSPアイスショーも実施

 チャリティーパーソナリティという大役を前に「新しい令和という時代と共に、自分自身も新しいことにチャレンジしたい」と意気込みを語っていた浅田だが、その言葉通り、立川ろう学校に通う生徒たち18人とともにパフォーマンスを披露する。

 浅田が手話を交えて「皆さんと挑戦するのはタップダンスです」と告げると、生徒たちは「うれしい」と笑顔を見せつつも緊張した様子。浅田が「私もドキドキしてます」と返せば、生徒たちの表情も一気に和んだ。

 今回の挑戦をサポートしてくれるのは、世界的タップダンサーHIDEBOH。そしてタップパフォーマンスの課題曲は“挑戦する人を応援する曲”であるWANIMAの「やってみよう」に決定した。トライトライ、とあるその歌詞に浅田も「歌詞がすごいいいですよね。ぴったりな気がする」と共感する。

 早速、 生徒と共に練習をスタート。タップダンスは、全員で同じリズムを刻まなくてはいけないため、耳の不自由な生徒たちにとっては難関。最後に浅田は「タップを披露するってことは、やっぱり皆の気持ちも1つにならないといけないと思いますし、私も頑張って皆を引っ張っていかないといけないので今日はその決意が出来たかなと思います」と気持ちを新たにした。練習の成果は『24時間テレビ42』の両国国技館のステージで生披露される。