11月22日(金)~24日(日)までの3日間、千葉・幕張メッセで開催される『東京コミコン2019』。今年のメインビジュアルは、コンテスト形式で応募作の中から選定。英ロンドン在住のアーティスト、Zeng(ゼン)の作品に決定した。

【写真】英ロンドン在住のZeng(アーティスト)

 5月より作品を募集し、国内の美術系学校ほかプロ・アマを問わず、全世界から数多くの力作が寄せられた。グランプリに輝いたZengの作品は、東京コミコンの公式WEBやポスター、パンフレットの表紙、会場内ボード、コミコングッズ等で使用される。

 Zengは、映画業界のシニアアニメーターとして、多数の大作映画などに参加。映画業界以外でもイラストレーターとしても活躍しており、コミックやアート作品を通して、自分にしか紡ぎだせない物語を生み出している。

 副賞として、Zengには、『東京コミコン2019』の3DAYS PASSペアチケットと、作品の展示・販売を行うアーティストアレイコーナーでの出展ブース(1ブース)が授与される。