俳優の舘ひろし(69)が26日、都内で行われた映画『アルキメデスの大戦』初日舞台あいさつに登壇。同作のメガホンをとった山崎貴監督(55)があいさつ前までエゴサーチをしていたことを明かしたが、舘は「エゴサーチってなに?」と言葉を知らず、主役を務めた菅田将暉(26)やヒロインの浜辺美波(18)ら共演陣も驚きの様子だった。

【全身ショット】透け感のある花柄ワンピースで登壇した浜辺美波

 すかさず菅田が「SNSを使って自分を調べることですよ」とフォロー。山崎監督も「山崎貴で調べると俺の悪口とか出てくるんですよ」と次々と説明をし始めるが、柄本佑(32)が「終わんなくなっちゃうよ!」とツッコミを入れ、集結。説明を聞いた舘は「勉強になるなあ」とつぶやき、山崎監督は「うれしかったですよ。熱気あふれるようなツイートが多くて、リツイートしすぎちゃいました。すごくうれしい」と笑顔だった。

 続けて、女性ファンが多く駆けつけている会場に、舘が「男性いる?」と呼びかけると、少数ながらも男性たちから「ひろし!」と掛け声が。しかし舘は「あんまりうれしくない」と反応し「人間性のせいですかね」と話し、笑いをとった。

 同作では海軍少将・山本五十六を演じた舘。「男子ならばやってみたい役だと思う」と誇りを感じたようで「この時代の映画ってなかなかなくて、戦争はこの時代のエリートがしたすごい大失敗なんですね。きっと映画を通じて学ぶことがいっぱいあると思います」とアピールしていた。

 物語は、1930年代の日本が舞台で、欧米列強との開戦を視野に入れ、大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”建造を計画していた。一方、海軍少将・山本五十六は、国家予算の無駄遣いとして、作戦に反対していた。そこで、軍部の息がかかっていない帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする。