元SMAPで俳優の稲垣吾郎が29日、都内で行われた舞台『君の輝く夜に ~FREE TIME, SHOW TIME~』のトークイベントに出席。9日に87歳で亡くなったジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんの話題があがると「僕らの生みの親ですし、ジャニーさんがいなかったら、この世界に立ってない」と感謝の気持ちを口にした。

【集合ショット】鈴木聡氏、中島亜梨沙、安寿ミラ、北村岳子らも出席

 続けて「ジャニーさんが一番、望まれているのは、エンターテインメントで数多くの方に感動を届けること。それを僕らに対して願っているだろうし、応えていきたい」と前を向きながら「ゆっくり天国で休んでいただきたいですし、ずっと見守っていてほしい」とほほ笑んだ。

 また、ジャニーさんとの思い出を聞かれると「グループ(SMAP)の中でも一番怒られた。でも怒って頂けたことが成長につながった。全部を教えてくれたのがジャニーさん。それを大切にしていきたい」と感慨深げに振り返った。

 最後に会ったのは「環境が変わる前。それが最後だと思います」。お別れの会が開催された時の出席の可否については「僕らも立場がありますからね…。出てみたい気持ちはありますけど“想う”ことが大切。近くにはいたいと思うけど、心が通じることが大切。僕の気持ちは届いていると思います」と話した。

 12年、14年、16年と3度にわたり上演された、稲垣の主演舞台『恋と音楽』シリーズの流れをくむ同作。一人の男(稲垣)と三人の女たち(安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙)による夏の終わりの恋の物語。歌やダンスによるお洒落で華やかなショーを真ん中に挟み、さまざまな大人の味が楽しめる舞台が展開される。同舞台は、8月30日から9月23日まで東京・日本青年館ホールで上演。

 8月末からの本番に向けて、稲垣は「舞台というのは、応援してくださるファンの皆さんと、同じ時間を共にできる。とても楽しみです」と笑顔。三人の女性と恋模様を描くことについては「すごくぜいたく。男としてこんな幸せなことはありません。思う存分“たらしたい”と思います」と白い歯を見せていた。

 イベントにはそのほか、安寿、北村、中島、演出の鈴木聡氏が出席。作品への思いを語るなか、稲垣は「日本青年館ホールがある場所で、両親の結婚式の披露宴か二次会を開いて、輝く夜を過ごしたらしい。今後、僕も何かあったらそこで…」と意外な縁を告白。驚いた共演陣から「ご両親を舞台に上げるのは?」と提案されるも「そんなことはしないですよ」と笑っていた。