興収250億円を超える歴史的な大ヒットを記録した『君の名は。』(2016年)などで知られる新海誠監督(46)と俳優・小栗旬(36)が29日、都内で行われた映画『天気の子』大ヒット御礼舞台あいさつに出席。声を入れる前に練習で使ったビデオコンテがほとんど新海監督の声だったことを小栗が明かし「監督の声の表現以外のことはしてないと思うんですよ。本当に声が出来上がっていたので、声優やればいいのにと思ってます」と新海監督の“声”を絶賛した。

【写真】新海誠監督にそっくり?イラストを披露した本田翼

 先日、小栗と初めてお酒を飲んだことを明かした新海監督は「醍醐(虎汰朗)くんや(森)七菜ちゃんがいるときは、すごくひょうひょうとしていて、何でもできちゃう。この人すごいなあと憧れの目で見てたんです。でも、飲んだ時にビデオコンテを何度も聞いて猛練習してきたと、終わってからその話をしてくださったんです。なんてすてきな人だろうかと。ちょっと感激しちゃいましたよね」と小栗が努力を重ねていたエピソードを披露した。

 この話に照れ笑いを浮かべた小栗は「とってもすてきな時間を過ごさせていただきましたし、半笑いみたいなせりふが本当に上手なんですよ。俺よりも監督の方がうまいなあって思いながら、やってる感じでした」と、たたえあっていた。

 同作は、天候の調和が狂っていく時代に、離島から家出し、東京にやってきた高校生の帆高(醍醐)が、祈るだけで空を晴れにすることができる不思議な力を持った少女・陽菜(森)と出会うラブストーリー。ほかに、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子らが声の出演。『君の名は。』でも主題歌を担当したRADWIMPSが劇中全ての音楽を担当している。

 また、きょう29日までの公開11日間で興行収入40億円、動員300万人を突破したことも発表された。この日は、醍醐(18)、森(17)、本田(27)も登壇した。