女優の今田美桜(22)が27日、都内で初スタイルブック『今田美桜スタイルブック イマ』(KADOKAWA)の発売記念イベントを行った。完成版を手に「タイトルに込めた思いとしては、今田の“イマ”と、“イマ”の自分が詰まった一冊になってる」と説明。写真集では、水着姿などを披露していたが「今回のスタイルブックでは、自分の今まで話したことのない内容だったり、好きなことをやらせていただいた。すごく楽しく撮影ができました」と充実感をにじませた。

【動画】今田美桜、私服やカバンの中身公開

 自身が「ずっと行きたかった」と語る初めてのアメリカ・ロサンゼルスで見せた素顔をはじめ、趣味、メーク、美容、カバンの中身など、「初公開」が満載。100%本人私物、本人スタイリングのコーデ企画や、生い立ち、女優としての軌跡を振り返る超ロングインタビューも収録している。

 撮影合間には、ロサンゼルスのグルメや買い物を堪能したという。「タコスをいっぱい食べました。すごく美味しくて、苦手だったパクチーもちょっとだけ克服できたかな」と目を輝かせ「小学生時代、ミニバスケットボールをやっていたんですけど、初めて生のNBAを観戦した。本当に楽しかったです」と笑顔で明かした。

 また、公私ともに親交の深い女優の永野芽郁(19)との対談ページの話題になると「ドラマで共演することがあって、そこで仲良くなった。今回もプライベートな感じで撮影できて、すごい楽しかったです」と声を弾ませていた。