お笑いコンビのおぎやはぎが、25日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)に出演。経営陣が刷新されなければ、所属する吉本興業を辞めると明言しているお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次について言及した。

【写真】深々と頭を下げ謝罪する宮迫博之、田村亮

 リスナーから加藤の話を聞きたいとの投稿が寄せられると、矢作兼が「今疲れているだろうな。(加藤は)徒党を組むのが好きじゃないから。あれをしないのよね」とコメント。「こういう時ってさ。一番恥ずかしいのは『加藤の乱』って言われていることだよね。吉村(崇)がついていきますとか、みんなが結託してさ、そういうノリでやっていると思われるのが恥ずかしい。1匹狂犬だから。そういう意味で(吉本が)向いてないって言っただけだから」と語った。

 裏番組にあたるニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』での情報もリスナーから寄せられた。平成ノブシコブシの吉村崇が自身のツイッターで「僕は北海道の人間です。何かあった時は北海道の人について行きます」とつぶやいた点について、岡村隆史が「吉村(崇)だけやめたらええのちゃうかな」と冗談交じりに語っていたということについて、2人が「吉村だけやめねーかな。吉村がやめて個人事務所を立ち上げるのがいいんだよな」と同調していた。

 加藤は22日放送の日本テレビ系『スッキリ』で、特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で、吉本興業との契約解消処分となった宮迫博之(雨上がり決死隊)と、謹慎中の田村亮(ロンドンブーツ1号2号の)が20日に行った謝罪会見についてコメント。取締役ほか経営側の刷新を求め、同社の「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と、強い口調で訴えた。

 その後、23日に吉本興業の大崎洋会長と話し合いを行い、翌24日放送の『スッキリ』で「平行線のまま」「合致点がなかなか見つからない」として、同社退社はいったん保留としたことを報告。「平行線で3時間話すことになって。結果としてやっぱり一回大崎会長は『持ち帰えらせてくれ』という形になって。まだ平行線のままですね」と現状を伝え「これからさらに話す機会を持ちながら」と明かした。