テレビ朝日系で放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(毎週日曜 前9:30~10:00)。その劇場版『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』が、きょう26日に公開を迎える。それに先駆け、リュウソウレッド/コウを演じる一ノ瀬颯のコメント特別映像が公開された。

【動画】一ノ瀬颯、劇場版に気合「絆も深まった」

 一ノ瀬演じるリュウソウレッド/コウ、綱啓永演じるリュウソウブルー/メルト、尾碕真花演じるリュウソウピンク/アスナ、小原唯和演じるリュウソウグリーン/トワ、岸田タツヤ演じるリュウソウブラック/バンバ、そして兵頭功海演じる追加戦士のリュウソウゴールド/カナロからなるリュウソウジャー。

 リュウソウジャーの起源に迫るという意味での“エピソードゼロ”という本作への言葉と共に、映画ならではの大迫力のカットを交え始まる一ノ瀬のコメント特別映像。「過酷な状況っていうのはあった。力を合わせて乗り切ったことでお互いの絆も深まり、過酷を乗り切ったことで、お芝居とかもすごく表情とかにいい感じに表れている」と語る一ノ瀬の表情からは自信が伺える。

 そして語られる「直面した限界を超えるために、超えたときにどのような表情をするのか。新しいリュウソウジャー全員が見られる」という言葉。本作の監督をつとめた上堀内監督からも語られた「テレビじゃ見られない感情表現」を描いたというコメントとも重なる一ノ瀬のこの言葉は、映画でこそ観られるリュウソウジャーの新たな一面を期待させる。「僕が持てる全てをこの映画につぎ込んだ」というコメントとともに締めくくられるこの映像は、限界を超えたリュウソウジャーがみられる映画であることを感じさせている。

 また、合わせて同時公開される『仮面ライダージオウ Over Quartzer』の仮面ライダージオウ/常磐ソウゴを演じている奥野壮のコメント動画も公開。「今まで以上の120%の奥野壮だったり、渡邊圭祐だったり、押田岳だったり、大幡しえりだったりが見られる映画になっている」と同作への自信を見せた。