テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)。平成仮面ライダー最終作として、レジェンドキャストも登場し話題をさらっている同作の劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』が、きょう26日に公開を迎える。それに先駆け、常磐ソウゴ/仮面ライダージオウを演じる奥野壮のコメント特別映像が公開された。

【動画】劇場版『ジオウ』への熱い思いを語る奥野壮

 平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つソウゴは、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

 だがソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。今回の劇場版は“本当の最終回”というべき内容となっている。

 奥野では「僕たちが1年間、積み重ねて積み重ねてきたことをこの映画のなかで全部表現しているのではないか」と話すとともに、『仮面ライダージオウ』の集大成である本作について「台本が来る前からすごい気合が入っていた」「絶対にいいものにしよう」と本作にかけた意気込みを力強く口にした。

 そして「今まで以上の120%の奥野壮だったり、渡邊圭祐だったり、押田岳だったり、大幡しえりだったりが見られる映画になっている」と自信をもって語った。奥野の言葉には、『仮面ライダージオウ』チーム全員が限界を超えて。この作品臨んでいたことが語られた。ツクヨミ、ゲイツ、ウォズ、そしてソウゴが見せる鬼気迫る表情や芝居は、その言葉に説得力を持たせている。

 「この映画を通して皆さんに恩返しじゃないですが、そういうことが伝わればいいな」と期待を込め、『仮面ライダージオウ』のファン、平成仮面ライダーのファンへと向けたメッセージを送った。約1年間にわたって『仮面ライダージオウ』という作品と向き合い、ソウゴとして生きてきた奥野だからこそ伝えられるコメント映像は、この映画が『仮面ライダージオウ』チームの集大成の作品であることを感じさせた。

 また、同時上映される同時公開される『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』のコウ/リュウソウレッドを演じた一ノ瀬颯のコメント映像も公開され「過酷な状況っていうのはあった。力を合わせて乗り切ったことでお互いの絆も深まり、過酷を乗り切ったことで、お芝居とかもすごく表情とかにいい感じに表れている」と意欲作について語った。