テレビ東京系列で放送中の人気アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(公式略称:ポケモンSM)の第132話「ジュナイパーを攻略せよ!」(28日 後6:00)の場面カットが26日、解禁。あわせて、アローラポケモンリーグ決勝トーナメント2回戦で、主人公のサトシと対決するハウ役の福山潤からコメントが寄せられた。

【写真】サトシとのポケモンバトルに意気込むハウ役の福山潤

 現在アニメでは、アローラ地方で初の開催となる“アローラポケモンリーグ”予選のバトルロイヤルを突破した16組の選手による決勝トーナメントがスタートしており、2回戦へサトシ、カキ、マーマネ、スイレン、ハウ、デコジロー(コジロウ)、グラジオ、グズマの8人が進出。132話では、2回戦の第2試合でサトシとハウのポケモンバトルが行われる。

 サトシとハウはお互いをライバルとして認め合い、過去にもポケモンバトルをしていたが、アローラポケモンリーグで“ゼンリョク”でバトルすることを約束していた。そして約束の舞台でバトルすることになり、闘志を燃やすサトシのポケモン・モクローとハウのジュナイパー(※前回はフクスロー)が再び対決する。

 ハウ役の福山は「ハウはゲームをプレイされている方にはおなじみのキャラクターなのですが、アニメで初めて登場したときは天真爛漫に朗らかに、バトルに勝つというよりは楽しむことを大切にするような子でした。サトシと出会うことで、ポケモントレーナーとしてバトルに勝つんだという彼の心の成長も感じていただけるのではないかと思っています」とキャラクターを分析。

 さらに「『ジュナイパーを攻略せよ!』とタイトルにありますが、そう簡単に攻略させません!収録現場でも目一杯演じさせていただきましたので、ハウとジュナイパーの熱いバトルをどうか見守っていただければと思います」と呼びかけた。