俳優の新田真剣佑と声優の宮野真守が25日、都内で行われた映画『二ノ国』(8月23日公開)ジャパンプレミアに登壇。『ちはやふる』のアニメで真島太一を演じた宮野と、実写映画版で太一の幼なじみ・綿谷新を演じた新田という、同じ作品を通して縁がある二人のなれ初めを明かした。

【写真】和気あいあい…ふざける宮野真守に笑ってしまう山崎賢人

 本作の物語にあわせて“二ノ国にもうひとりの自分がいたら何になりたいか”という質問で「二ノ国の新田真剣佑になりたいです!」と高らかに宣言した宮野。続けて「ある舞台を観に行ったときに楽屋をあいさつして回ったんですけど、(新田と)まだ知り合いじゃなかったので、後ろをこそーっと通ろうとしたんです」と出会いのきっかけを話し始めた。

 そこで「太一!っていきなり言ってきて、初対面ですよ。そのエネルギーと明るさって武器なんだなと思いました。みんな引き込まれちゃうんだね。この子は本当にすごいですよ」と手放しで絶賛。新田も「ずっと宮野さんの役を観てましたし、うれしかったです」と本作での共演を心から喜んだ。

 すると宮野が「まあ、きょうで会って2回目なんですけどね。これで共演できてうれしいですという話につながるんですよ」としっかりとオチをつけて、会場の笑いを誘っていた。

 この日は、山崎賢人、永野芽郁、津田健次郎、梶裕貴、日野晃博氏、百瀬義行監督も登壇した。

 物語は、主人公・ユウ(山崎)たちが暮らす現実世界“一ノ国”、そして隣りあわせにある魔法世界“二ノ国”の2つの世界が舞台。二ノ国に突然迷い込んでしまったユウと親友のハル(新田)は、2人の幼なじみのコトナ(永野)を巡る事件をきっかけに2つの世界を行き来することになる。命がつながったもうひとりの自分がいる世界で、ユウは次第にアーシャ姫に惹かれていく。しかし、「コトナの命を救うためにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった。コトナを救いたいハル、アーシャを守りたいユウ。“大切な人の命”をかけて、2人に究極の選択が迫られる。