モデルで俳優のジョーナカムラ、こんどうよぢが26日、都内で行われた映画『アスリート~俺が彼に溺れた日々~』の初日舞台あいさつに出席した。

【集合ショット】ジョーナカムラ、田崎礼奈らも出席

 LGBTを題材にした同作は、妻子持ちで元競泳選手の航平(ナカムラ)と、男性相手にチャットボーイをするゲイの少年・悠嵩(こんどう)が、戸惑いながらも引かれ合っていく様を描く。

 撮影秘話に話題が及ぶと、ナカムラは「5日間という撮影スケジュールのなか、台風のように去っていった印象です」と振り返り、「あまりこんどう君のことを知らず、最初にお会いした時は『韓国の人かな?』と思った。『この映画、韓流スターを使う予算あるんだ!』と衝撃を受けました」と笑った。

 一方でこんどうは「体当たりで演じました。いま見ると初々しく、反省点もありますね」と笑顔で語り、「ナカムラさんは(宣材)写真だとゴリゴリマッチョ。でもお会いしたらお茶目な方でした」と共演を楽しんでいた。

 また、“絡みのシーン”については「キスの味は覚えてない。レモンの味だったっけ?」(ナカムラ)、「キスシーンの前は、2人でしっかりと歯磨きをしました」(こんどう)と語り合い、同席した田崎礼奈は赤面しながら聞き入っていた。

 舞台あいさつにはそのほか、いちる、主題歌を担当したGOW、大江崇允監督が出席した。