V6の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦からなるユニット・20th Century(トニセン)が、あす26日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。今だからこそ話せる「V6のデビュー秘話」「カミセン(森田剛、三宅健、岡田准一)との格差」「メンバーへの不満」などを告白する。

【番組カット】ハシゴ酒のコーナーには小林稔侍も登場

 井ノ原は、V6のCDジャケットの写真撮影時の様子について「ジャニーさんが『(V6のメンバー分けは)3 VS 3のバーサスだよ』って言ったんですけど、もうやる前から(勝負は)決まってんじゃねーか!」と本音を吐露。松本人志が「負けみたいなもん」と笑いながら同情する中、トニセンの3人が今まで言えなかった“カミセン”への思いを次々と打ち明けていく。

 そんなカミセンの三宅からもコメントが寄せられ、三宅から見た坂本・長野・井ノ原の仲の良さが明らかに。その一方で、3人が今だからこそ言える“メンバー同士への不満”を爆発させる一幕も。井ノ原は、食の知識が豊富な長野に“赤坂で美味しいお店”を聞いた際に、長野が返した答えにひっかかったようで「人によって紹介する店が変わってくる!」「勝手に(相手の)グルメ偏差値をつけていく」と不満をこぼす。それを聞いた長野は「心外! 心外だな!」と抗戦していく。

 舞台での共演以来、3人と親交がある森山直太朗からは「イノッチは坂本くんの発声練習にムカついていた」と証言。ショックを受ける坂本は、実際の発声練習をダウンタウンの前で再現すると、松本も「これは腹立つわ!」と話すほど、独自すぎる発声法が明らかになる。坂本と長野は、井ノ原に対し「お前、昔は本当にバカだったよな?」とぶっちゃけ。それを検証するべく公開された、井ノ原のデビュー当時のプロフィールに、井ノ原自身も「気持ち悪い…」と振り返る。

 また、井ノ原から坂本へ「ジャニーさんってなんで坂本くんだけ特別扱いなの?」と質問。井ノ原が疑問を持つきっかけとなった、ジャニーズJr.時代のエピソードが公開される。「ハシゴ酒」にはそのほか、小林稔侍も登場する。