タレントの板尾創路が24日、都内で行われたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』(8月8日全世界独占配信)ワールドプレミアに登場。自身が所属する吉本興業の芸人らが振り込め詐欺グループの宴会に出席し、金銭を受け取るなどした「闇営業」問題を巡る騒動が連日報道されているが「ジャニーズ事務所の板尾創路です」と自己紹介して、会場の笑いを誘った。

【写真】カメラ風の巨大キャノン砲を持った山田孝之

 “AVの帝王”と呼ばれたAV監督・村西とおる氏の半生を描く同作。1980年代のバブル時代に “AVの帝王”と呼ばれた村西氏と仲間たちを中心に、村西氏を利用しようとする者、敵対する者、執拗(しつよう)に追う警察など、一癖も二癖もある人物たちとの攻防を、ユーモアたっぷりに深く描き出す、一大エンターテインメント作品。

 板尾は、山田孝之演じる村西氏のサラリーマン時代の先輩・小野役だが「ダメサラリーマンの村西を教育するという役なんですけど、その続きは知らなかったので(作品を)見た時に、村西のひょう変ぶりには驚きましたね」と告白。「所属はジャニーズ事務所なんですけど」とボケを重ねながら「無駄な時代はないんです。無駄なことは一切ないんです。何があっても、辛いことがあっても、いろんな問題があっても、お金の問題があっても、積み重ねて。人生いいことばっかりではない」と意味深に語り、会場を沸かせていた。

 ワールドプレミアにはそのほか、山田、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、伊東沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、小雪、リリー・フランキー、國村隼、石橋凌、武正晴総監督も登場した。