女優の沢尻エリカが25日、都内で映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)のジャパンプレミアに参加。うっかりネタバレをしてしまうプチハプニングで、大慌てとなった。

【動画】沢尻エリカ、胸元大胆ドレスで登場 二階堂ふみからラブコール

 太宰治役を小栗旬が務め、太宰を愛した女の正妻を宮沢りえ、愛人を沢尻、最後の女を二階堂ふみが演じている。宮沢は仕事の都合で欠席したが、沢尻は大胆に胸元と背中を出したドレス姿で、二階堂は真っ赤なミニワンピと美の共演となった。

 誰を愛するかというトークテーマ中に、沢尻はうっかり二階堂演じた山崎富栄の最後をポロリ。史実に基づいたキャラクターで調べれば分かる話ではあるものの、沢尻は大慌てで隣にいる成田凌の影に入って顔を真っ赤に。すると小栗は「大丈夫。ネタバレとかでもないでしょ。みんな知ってる話」とフォローする優しさを見せていた。

 太宰の『斜陽』のモデルにされたという太田静子を演じた沢尻は「今回は恋に猛烈に生きる女性。とにかく現場が楽しくて、こんなに楽しい現場は今までなかったんじゃないかな」と笑顔で振り返る。静子については「自分の感情、欲望に貪欲」と評し「それしかなかった」としみじみ。監督を務めた蜷川実花氏とは『ヘルタースケルター』で共にしており「どんな重い役が来るのかと思っていたんですけど、楽しいで終われた。ホントに、こんなのでいいのかしら」とあっけらかん。蜷川監督は「まぁまぁな役なんですよ」と苦笑いを浮かべる一幕もあった。

 『走れメロス』『津軽』など数々の有名作品を世に出した太宰が死の直前に発表し、遺作となった『人間失格』は累計1200万部以上を売り上げ、今もなお歴代ベストセラーランキングのトップを争う人気書籍。写真家としても著名な蜷川氏がメガホンを取り、原作小説の映画化ではなく、『人間失格』の誕生秘話を太宰と彼を愛した3人の女性たちの目線で、事実をもとにしたフィクションとして描く。

 めちゃくちゃな太宰を演じた小栗は「嫌いにならないでください」とファンに呼びかけ、笑いを巻き起こしていた。