演歌歌手の山本譲二(69)がデビュー記念日であるきょう25日、東京・北青山のザ ストリングス 表参道で、新曲「人は旅人」(25日発売)の発売記念イベントを開催。5月に大腸がんを宣告され、手術を受けていたことを告白した。

【写真】45周年を迎えた山本譲二と盟友・吉幾三がデュエット

 5月22日未明、腹痛に襲われ、自ら病院を探して診察を受けた山本は、腹痛の原因が大腸がん(ステージ2a)による腸閉塞と診断された。そのまま緊急入院し、内視鏡による腸閉塞の手術を受けたという。

 30日には大腸がんの手術を受け、大腸を20センチ切除し、7センチの腫瘍を摘出。6月6日に退院した。その後、6月29日の外来で22ヶ所のリンパと肝臓、肺などに転移が見られないことを確認。今後は6か月に1回PETを受け、経過観察するという。

 がんを宣告された山本は「突然言われてショックでした」と胸中を明かし、ここまで公表しなかったのは「95歳になる母に知られるのが嫌でした」と話した。

 この日デビュー45周年を迎えた山本の新曲発表会には、表題曲の作詞作曲を手がけた盟友・吉幾三(66)も駆けつけ、「人は旅人」、カップリングの「MABU達」を2人で披露した。

 吉は「元気になった山本も僕も頑張ります」と話せば、山本も「命ある限り歌い続けたいと思います」とコメント。するとすかさず吉が「あと10年だぞ(笑)」とツッコミを入れるなど、36年来の“MABU達”が息のあったかけあいでメディア陣を沸かせた。