ディズニー名作を実写映画化した『ダンボ MovieNEX』が、7月25日発表の最新オリコン週間Blu-ray Disc(以下BD)ランキングでは、初週売上0.5万枚で初登場1位を獲得した。

【動画】ダンボ「ドリームランド」の巨大セットの舞台裏

 今年3月29日より日本公開がスタートした映画『ダンボ』は、1941年に公開されたウォルト・ディズニーの同名アニメーションをティム・バートン監督がオリジナル脚本で実写化。サーカス団で生まれた大きすぎる耳を持つ子ゾウのダンボが、引き離されてしまった母ゾウを救うため、サーカス団の仲間と共に奮闘する姿が描かれている。

 公開時には、コリン・ファレル演じるダンボの世話係・ホルト役の日本語吹替えを西島秀俊が務めたことや、日本版エンドソング『ベイビー・マイン』を竹内まりやが歌ったことも話題となった。本作にはこの映画本編に加え、メイキングや未公開シーンなどのボーナス映像が収録されている。