4月の公開からロングヒット中のOfficial髭男dism「Pretender」が、前週比7.1%増(373.6万再生)と今週も再生数を伸ばし、1位を獲得した。

【写真】5000人が集まったOfficial髭男dismお台場フリーライブの模様

 前週、初登場6位にランクインした新曲「宿命」(7月31日発売)は、今週も6位をキープ。引き続き、TOP10内に2曲をランクインさせている。また、9月20日公開のアニメーション映画『HELLO WORLD』の3つの主題歌のうちの1つとなる新曲「イエスタデイ」を、彼らが書き下ろしたことが発表された。10月にはニューアルバムの発売も発表されているが、この先も今年の音楽シーンをにぎわせてくれそうだ。

 なお、TOP20では、7月11日より公開された、E-girlsのニューシングル「シンデレラフィット」(7月24日発売)が前週71位から19位へランクアップ。女王蜂のアルバム『十』収録曲であり、映画『東京喰種【S】』(7月19日公開)主題歌の「Introduction」が19位に初登場している。

■週間アーティストランキング

サカナクション、TOP10内で唯一上昇 ドラマ主題歌「モス」の伸びに期待

 6位までが前週と変わらない顔ぶれとなった今週。前週TOP3入りしたOfficial髭男dismが、今週も前週比3.7%増(869.1万再生)と再生数を伸ばし、2位のTWICE(887.5万再生)との差を縮めている。

 TOP10内でランクアップしたのは、サカナクション。前週比19.8%増の411.5万再生で前週10位から7位へと上昇した。楽曲ランキングでは、「忘れられないの」が10位にランクインしているほか、7月期ドラマ『ルパンの娘』(CX系)主題歌としてオンエア中の「モス」が23位に初登場。7月11日の公開から急上昇中で、すでに累計100万再生を突破しており、次週のTOP10入りは間違いなさそうだ。アーティストランキングのさらなる上昇も期待できる。

 楽曲ランキングで新曲がTOP20入りしたE-girlsは、前週78位から32位、女王蜂は100位圏外から36位へランクイン。動きの少なかった今週のアーティストランキングを大きく上昇した。