全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なおミュージカルの金字塔である『キャッツ』のハリウッド実写映画版が20年1月24日に日本公開されることが、わかった。

【動画】名曲「メモリー」にあわせて…初映像の『キャッツ』予告編

 白猫のヴィクトリアを演じるのは、英国ロイヤル・バレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワード、トニー賞やグラミー賞の司会を担うなどコメディアンであり俳優のジェームズ・コーデンが、バストファージョーンズを演じる。そのほか、『第79回アカデミー賞助演女優賞』を受賞したジェニファー・ハドソン、グラミー賞を10回受賞しているシンガー・ソングライターのテイラー・スウィフトら多彩なジャンルで活躍するキャストが集まった。さらに、スティーヴン・スピルバーグ氏が製作総指揮をとり、映画『レ・ミゼラブル』(12年)でメガホンをとったトム・フーパー氏が本作でも監督を務める。

 同時に解禁された初映像は、ジェニファー・ハドソンが歌う名曲「メモリー」にあわせて展開されていく。キャストたちの踊り、楽しそうにする姿から儚げな表情までも切り取られている。