俳優の山田孝之が24日、都内で行われたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』(8月8日全世界独占配信)ワールドプレミアに登場。“AVの帝王”と呼ばれたAV監督・村西とおる氏の半生を描いた同作で、村西監督役を務めているが「海外に行くと、12年くらい前の(映画『クローズ』で演じていた)『芹沢(多摩雄)』って言われるので、これを機に『村西!』って海外で言われたい」と意気込んだ。

【写真】カメラ風の巨大キャノン砲を持った山田孝之

 1980年代のバブル時代に“AVの帝王”と呼ばれた村西氏と仲間たちを中心に、村西氏を利用しようとする者、敵対する者、執拗(しつよう)に追う警察など、一癖も二癖もある人物たちとの攻防を、ユーモアたっぷりに深く描き出す、一大エンターテインメント作品。

 山田は作品の魅力を「見てもらったらわかると思いますけど、本気で取り組んでいる姿が笑えちゃいますし、うっかり切なくなる。自信を持って世界に出せます」と力説。村西氏と対面して役作りに励んだといい「2時間か3時間くらい話す様子を見させていただいたんですけど、話す相手や題材とかでスイッチを切り替えているんですね。みなさん、メディアを通してのイメージがあると思いますけど、それだけじゃないので、演出などの時にスイッチを入れてやった方が、見ている方も感情移入しやすくなるかなと考えました」と明かした。

 その上で「ぜひ多くの方に見てもらいたいです。子どもの時とかに、友だちが父のアダルトビデオを見つけたら、両親がいない時に集まってこっそりと見ていたりしたので、そういう感覚で(若い世代にも)見てもらいたいですね」と呼びかけていた。

 ワールドプレミアにはそのほか、満島真之介、玉山鉄二、森田望智、伊東沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、小雪、リリー・フランキー、國村隼、石橋凌、武正晴総監督も登場した。