京都市伏見区のアニメ制作会社・京都アニメーションの第1スタジオの放火殺人事件を受け、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などで声優を務めた女優の平野綾が22日、自身のブログを更新し「まずは今回の件で被害に遭われた方々、御家族の皆様の心が癒える日が一日も早く訪れるよう願うと共に、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します」とコメントした。

【写真】『けいおん!』の聖地・旧豊郷小の黒板には京アニへのメッセージが

 平野は「ここ数日、SNSの更新ができず申し訳ありませんでした。勉強中の旅先でニュースを聞き、限られた情報のなかで今回の惨劇を知りました。状況が分からないなかで軽々しく発言してはいけないと今まで沈黙してきましたが、ショックと喪失感で何もできなかったというのもあります」と思いを吐露。「たくさんの報道機関、ファンの方々からコメントを求められましたが、心が全く追いつかない状況でした。皆さん同じだと思いますが、まだ現実を受け入れられずにいます」とつづった。

 「『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』という私にとってとても大切な作品が、京都アニメーションさんの制作です。私の人生で最も影響を与えた作品たち。この作品がなかったら今の私はいません」と記し「会社にもお伺いしたことがあり、皆さん本当にあたたかく、アットホームな雰囲気でひとつの作品を作る感覚があり、どの作品もその暖かさで溢れていて、いつも心が満たされました」と振り返った。

 「たくさん相談させていただいたし、一緒に悩んだり心から笑ったり、作品作りを通してたくさんの感動を共有させていただきました。そしてそれは、作品を応援してくださっているファンの皆様も同じだと思います」と伝え「今何よりも重要なのは、被害に遭われた方々の気持ちを最優先に考えることだと思います。今私たちにできることは少ないですが、その中で焦らず冷静に自分にできることをしたいです」。

 続けて「アニメは日本の文化です。熱意と才能に溢れたクリエイターの皆様、そして文化や芸術が、このような理不尽な悪意によって破壊されることなど、絶対にあってはなりません。今回のことで常識や信念を覆されたように思います。被害に遭われた皆様の一日も早い回復を心からお祈りしています。祈るしかできないけれど、強く強く願います」とメッセージした。

 最後は「色々な感情を押し殺していますが、本当に悲しいです。悔しいです」としながらも「負けないでほしいです」と呼びかけている。