俳優・草刈正雄(66)の長女でタレントの紅蘭(29)が21日、自身のインスタグラムを更新。事実婚のパートナーであるラッパーのRYKEYこと下田ムトアリッキー容疑者と「お互い別々な道を歩むことになりましたが、前向きな話し合いができました」と報告した。

【写真】“家族3ショット”で新生活を報告した紅蘭

 下田容疑者は今月4日に紅蘭の知人へ暴力をふるった容疑で現行犯逮捕されており、紅蘭は17日にインスタを通じて「今回の事件の被害者は私たちであること なぜ事件にまで発展してしまったのか 事件の真相 詳しいことは明日発売の週刊新潮を見ていただけたらと思います」と伝えていた。

 この日、紅蘭は「色々とバタバタでなかなか更新できなくてすいません! 私と娘とカーターくん(愛犬)3人での生活が始まったよ! 2人がいて毎日変わらず賑やかな日々を過ごしてます!」と、現状を報告。

 「記事が出た後は数回、面会に行き彼ともしっかりとお話しすることができてスッキリしましたお互い別々な道を歩むことになりましたが前向きな話し合いができました」と記し、「会社に関してもマネージャーやスタッフはお別れすることになりました。また1からのスタートになりますが今後ともブロスキーを宜しくお願いします」とメッセージした。

 「ニュースになってからは別れに対して子供に対することなど彼といたことなど色々批判ありますが私はこの決断は間違いだと思わないし 彼を1度は信じて待っていたから娘に出会うことができた後悔なんてあるわけないです」と胸中を吐露。「どんなことがあっても娘とカーターは私が最高に幸せにする。その自信が私にはあります」とつづり「母親は強いです 2人の幸せの為、私は毎日頑張れるそれってとっても幸せなこと」と思いをつづった。

 紅蘭は昨年7月にインスタを通じて「Babyの成長と一緒に成長してくれてるリッキーとカーターを見てるのも楽しみのひとつ」と妊娠を発表。同年12月27日に第1子となる女児を出産した。