お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志、お笑いタレントの東野幸治が21日、フジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に生出演。宮迫博之(雨上がり決死隊)や田村亮(ロンドンブーツ1号2号)らの闇営業や契約解消など一連の問題について語った。

【写真】深々と頭を下げ謝罪した宮迫博之、田村亮 号泣する場面も…

 所属する吉本興業と契約解消となった宮迫と田村亮は、きのう20日に会見を行い、改めて特殊詐欺の被害者に対して謝罪。『FRIDAY』の報道から謹慎、吉本との契約解消に至るまでの詳細を説明した。

 番組冒頭で東野が「なかなか我々もつらいところで」と心境を吐露。松本も会見を「たまたま観れた」といい「思っていたよりもなかなか(会見内容が)ハードといいますか。これはなかなか無視できないなということになりまして」と口にした。

 通常番組は収録された内容で放送されるが、記者会見が行われることを想定しなかったとし、急きょ生放送が決定。東野は「関係者の皆様にも本当に申し訳ございません」と深々一礼し謝罪。松本も「これはですね、フジテレビさんにも、こんな生放送のスタンバイさせていただいて」と恐縮しつつも「うちの浜田(雅功)が本当にすみません」と笑いを誘った。