お笑いタレントの陣内智則が10日、都内で行われたセキュリティソフトブランド・ノートンの新製品『ノートン ダークウェブ モニタリング Powered by LifeLock』記者発表会に出席。闇営業問題で複数の芸人が謹慎となっているが「情報流出、我々一番怖いですから。(製品名にある)『ダーク』っていうのは、吉本的にちょっと今デリケート」とぶっちゃけた。

【写真】お笑いコンビ・レインボーのジャンボたかおと池田直人も出席

 報道陣から「危ない人も検知できたらいいですよね?」との質問を受けると「それは本当にそうですね。ノートンさんにやってもらいましょう。その人はダメだよって。危険だよっていうのがあればいいですよね」と深く納得。「ダークウェブ(という名称)は良くないですね。この商品はすばらしいですけど」と笑顔でアピールした。

 新製品の発売に先立ち、ノートンの『LifeLock』独自のチェックツールを使って、消費者代表として吉本興業の若手芸人100人の個人情報流出状況をチェック。35人のメールアドレスの流出が確認されたという結果に、陣内は「思っていた以上にすごいですね。10人くらいじゃないかなと思っていたんですけど。若手やから別にいいですけど(笑)。でも、プライバシーもありますから」と笑いを交えながら驚きを口にした。

 会見にはそのほか、お笑いコンビ・レインボーも出席した。