『第10回AKB48世界選抜総選挙』(6月16日開票、愛知・ナゴヤドーム)の速報順位が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で発表された。2年連続でエースの山本彩が出馬しなかったNMB48は、暫定ながらTOP16の選抜に1人も送り込めず、危機感をつのらせた。

【写真】2年連続の暫定首位!泣き崩れるNGT48荻野由佳

 昨年、総選挙選抜入りした白間美瑠、吉田朱里らチームMメンバーは、大阪・難波のNMB48劇場で発表を見守った。昨年グループ最高位の12位だった白間は39位、16位だった吉田は42位と出遅れた。

 吉田は「NMB48が選抜争いの中に入っていないのは悔しい。去年より順位を下げるわけにはいかないし、NMBを守っていかなきゃいけない」と悔しさをにじませ、「毎年NMB48は選挙に弱いと言われがちなんですけど、それは今年で終わりにしたい。メンバーみんなでもっともっと外に発信していって、注目していただけるグループになっていきたい」と巻き返しを誓った。

 白間は「今年は目標を1位に掲げていたので、速報でも選抜に入っていたいなと期待が大きかった分、今は悔しい気持ちが大きい」と本音を吐露。それでも、4年連続で圏外だったドラフト1期生の内木志がNMB最高位の25位に食い込む躍進もあり、「NMBメンバーも多く名前を呼ばれていたし、努力したら結果が出るんだなって、まさに感じているので、本番までやれることは全てやって、目標に近づきたいと思います。そして、世界選抜総選挙を通して、NMBをもっと世界に広められるように頑張ります」と前を向いた。

■NMB48 速報100位圏内メンバー
25位 内木志
28位 加藤夕夏
32位 太田夢莉
39位 白間美瑠
42位 吉田朱里
48位 渋谷凪咲
65位 川上千尋
67位 上西怜
68位 村瀬紗英
75位 川上礼奈
80位 城恵理子