お笑いコンビ・ココリコの田中直樹が、スーパー戦隊シリーズ劇場版最新作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』(8月4日公開)にゲスト出演することが明らかになった。スーパー戦隊シリーズ初出演となる田中が演じるのは、世界を股にかけ、数々の難事件を解決してきた謎の名探偵エルロック・ショルメ。“イケメン名探偵”という難役にも「夢のような現場をかみしめながら、毎日撮影に臨みたいと思います」と意気込んでいる。

【画像】『劇場版 仮面ライダー/スーパー戦隊』ポスタービジュアル

 田中は、「子どものころは『秘密戦隊ゴレンジャー』や『ジャッカー電撃隊』を見ていました。そして、大人になってからは子どもたちと『炎神戦隊ゴーオンジャー』『侍戦隊シンケンジャー』などを見ていて、家のハードディスクはスーパー戦隊と仮面ライダーでいつもいっぱいでした」と、スーパー戦隊シリーズに慣れ親しんできたといい、「自分が子どもの頃に見て、大人になっても子どもたちと見ていた“スーパー戦隊シリーズ”に出られるなんて夢のようです」と喜びもひとしおだ。

 今年で18年目を迎える、夏の恒例2本立て映画『劇場版 仮面ライダー/スーパー戦隊』シリーズ。田中がゲスト出演する本作は、テレビ朝日系で放送中のスーパー戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(毎週日曜 前9:30)初の映画作品。

 特殊な力をもつお宝“ルパンコレクション”が異世界から現れ、人間に擬態もする犯罪者集団ギャングラ―に奪われてしまう。正体を隠しながらコレクションを狙う“正義のアウトロー”快盗戦隊ルパンレンジャーと、快盗、ギャングラ―、あらゆる犯罪を許さない“絶対のヒーロー”警察戦隊パトレンジャー。快盗と警察、それぞれの立場からのギャングラ―との戦いや、お互いの信念のぶつかり合いを描いた熱いストーリーがテレビシリーズで展開される中、劇場版最新作では、白熱する両者のバトルの間に謎の探偵エルロック・ショルメが登場する。果たして彼はいったい誰の味方なのか? これまでにない大きな脅威がルパンレンジャーとパトレンジャーの両者の前に立ちはだかる。

 宇都宮孝明プロデューサー(東映)は「テレビシリーズでは快盗と警察がしのぎを削る作品ですが、スクリーンでは田中さん演じる探偵までも乱入する、ものすごいことになっております。『快盗VS警察VS探偵』の大激突! 映画ならでは大迫力でお贈り致しますので、ぜひお楽しみに」とファンに呼びかけている。