アイドルグループ・HKT48が27日、地元福岡のマリンメッセ福岡で2月からスタートしたアリーナツアー『HKT48春のアリーナツアー2018~これが博多のやり方だ!~』のファイナルを迎えた。昼夜2公演で1万4000人を熱狂させ、5都市9公演トータル5万3000人を動員したツアーに幕を下ろした。

【写真】泣きながら「2018年の橋」を歌う宮脇咲良

 開演とともにメンバーが客席の各所に登場し、今回のツアーのために書き下ろされた新曲「ぶっ倒れるまで」からスタート。指原莉乃が「今日はみんなで最高の思い出作りましょう!」と声を張り上げると、観客は大歓声で応えた。

 チームHキャプテンの松岡菜摘は「2月から始まった春のアリーナツアーですが、ついに福岡に戻ってくることができました」と地元でファイナルを迎えられることを喜び、指原も会場を見渡し「こんなに広い会場が埋まるとは思わなかった。さすが地元です! 来てくださってありがとうございます」と笑顔で感謝した。

 ファイナルでは、1人1曲センターを務めるメドレーコーナーを一新。昨年末に発売した1stアルバム『092』収録曲や、今月2日に発売した11thシングル「早送りカレンダー」収録曲など初パフォーマンス楽曲を次々と投入した。2期生の楽曲「僕らのStand By Me」では、けがのため活動を制限している秋吉優花と岩花詩乃、そして半月板損傷のため2月からライブや公演を休演していた朝長美桜が登場し、大歓声が上がった。

 さらに、指原、朝長、宮脇咲良、田島芽瑠の4人で初披露した「2018年の橋」では、同曲の歌唱メンバーで現在は活動休止中の兒玉遥の映像が映し出され、同期の宮脇が涙ながらに歌い上げる一幕もあった。

 夜公演のアンコールでは、約2年ぶりとなる新メンバーオーディションの開催をサプライズ発表。5期生募集に向け、指原は「かわいい女の子、ぜひ集まってください!」と呼びかけた。オーディションに先駆け、HKT48メンバーが活動に関するトークショーや参加者の質問に答える「HKT48セミナー」の開催も決定した。

 最後にツアーの感想を聞かれた4期生の月足天音は「このコンサートに参加してアイドルになってよかったなと思いました」と号泣。ドラフト2期生の松岡はなも「こんなに楽しかったのにもう終わっちゃうから寂しい…」と顔を歪めて泣き、その様子に笑いが起こった。

 指原は「私たちはまだまだ(専用)劇場の夢もあきらめていませんし、本当にみんな動いてくれているので、もう少しだけ待っていてください!」と力強く呼びかけると会場は温かい拍手で包まれ、ラストは「12秒」で締めくくった。今回のアリーナツアーを収録したDVD/Blu-rayは今秋発売予定。

■『HKT48 第5期生オーディション』
応募資格:4月1日時点で11歳~18歳までのプロダクションに所属していない女性
経験:不問
応募締め切り:7月1日(日)午後11時59分まで
特設サイト:https://www.tike-uke.com/hkt-5th/

■『HKT48セミナー』
日程:6月24日(日)
会場:福岡 スカラエスパシオ
申し込み締め切り:6月15日(金)午後11時59分まで
概要:オーディションの説明のほか、現役メンバーによるHKT48での活動やオーディション合格秘話などが聞けるトークショーや質疑応答。セミナー終了後にはメンバーとの撮影会を実施予定。セミナー参加者の中から若干名、オーディションの1次審査を免除するシード権の進呈あり。