アイドルグループ・NGT48の3rdシングル「春はどこから来るのか?」(11日発売)が週間10.9万枚を売り上げ、4/23付オリコン週間シングルランキング(集計期間:4月9日~4月15日)で初登場1位を獲得した。シングル首位獲得は昨年4月発売のデビューシングル「青春時計」以来で、自身2作目。

【写真】初の組閣で2チーム体制となるNGT48

 本作は、本間日陽が初のセンターを務め、研究生を含む1期生全員が選抜メンバーとなっていることでも話題の作品。14日に新潟・朱鷺メッセで卒業コンサートを行ったキャプテン・北原里英が参加した最後のシングルとなる。

 センターの本間は「この春は、キャプテンの北原里英さんの卒業という門出もあり、NGT48にとっても結成以来の大きな節目となります。メンバーもファンのみなさんも北原さんのいないNGT48を想像しきれていないと思いますが、私も『春はどこから来るのか?』を聴いて自分自身を奮い立たせて、グループを引っ張っていけるように精一杯頑張っていきたいと思います」とコメントしている。