国内最大級の野外音楽イベント「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」が6日、千葉市中央区の蘇我スポーツ公園で始まった。2019年まで20年続けて茨城県ひたちなか市で開催してきたが、新型コロナウイルス禍で20、21年は中止に。主催者は感染対策などを理由に移転を決め、初日を迎えた。

 午後、若者に人気の「マカロニえんぴつ」が登場すると、観客は音楽に合わせて体を揺らしたり、手を上下したりしていた。メンバーが「ルールを守って楽しんでもらえるおかげでステージに立てている。ありがとう」と話す場面もあり、大きな拍手が湧き起こった。