【ワシントン共同】米シンクタンク、戦争研究所は5日、ウクライナに侵攻したロシアが、イランから提供を受けた無人機を戦闘に使用していることが確認されたと指摘した。ウクライナ側によると、イランは46機の無人機をロシアに引き渡したという。

 戦争研究所によると、ウクライナで現在使われているイランの無人機の数は不明だという。提供された一部は旧世代の無人機で、ロシア軍はウクライナで米国が提供した高機動ロケット砲システム「ハイマース」を攻撃するために使おうとしている可能性がある。