【シアトル共同】米大リーグは5日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシアトルでのマリナーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、5打数1安打、今季初の4三振を喫した。チームは延長十回、タイブレークの末に4―3で勝った。

 レッドソックスの沢村はロイヤルズ戦で5―1の七回から3番手で登板し、1回を無安打無失点だった。チームは7―4で勝利。

 カブスの鈴木はマーリンズ戦に出場しなかった。チームは2―1で勝ち、連敗を5で止めた。