阪神が逃げ切った。一回に佐藤輝の犠飛で先制し、四回はロハスが2点本塁打。西勇は5回1/3を2失点でしのぎ、湯浅らの好救援もあって8勝目を手にした。広島は1点を追う八回無死一、二塁から中軸3人が倒れ、連敗が7に伸びた。