【プノンペン共同】カンボジアの首都プノンペンで5日に開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)と日米中ロなど計18カ国による東アジアサミット(EAS)外相会議は、ペロシ米下院議長の台湾訪問を巡り、中国の軍事演習を非難する日米と、中国とともに反発を示すロシアの対立が鮮明となった。ASEAN外交筋が明らかにした。

 ブリンケン米国務長官は、中国による台湾周辺での軍事演習について「威嚇は正当化できない」と厳しく指摘。林芳正外相は日本の排他的経済水域(EEZ)にミサイルが落下したことを強く非難し、現状変更の試みをやめるよう中国に要求した。