日本プロ選手権第2日(5日・静岡県グランフィールズCC=7219ヤード、パー71)サスペンデッドとなった第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われ、ツアー2勝の堀川未来夢、1勝の出水田大二郎、未勝利の安本大祐と嘉数光倫の4人が通算7アンダーの135で首位に並んだ。第2ラウンドを安本は66、嘉数は67、堀川と出水田は69で回った。

 1打差の5位は71だった吉田泰基。通算5アンダーの6位に大西魁斗ら4人がつけた。2019年大会優勝の石川遼は72で13位に後退。1オーバーまでの64人が決勝ラウンドに進んだ。