広島は6日、米軍による原爆投下から77年の「原爆の日」を迎える。広島市の平和記念公園では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれる。核保有国ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、松井一実市長は平和宣言で核抑止論の拡大に警鐘を鳴らし、改めて核廃絶を訴える。

 宣言では、米ニューヨークで開催中の核拡散防止条約(NPT)再検討会議にも言及する。日本政府が核保有国と非保有国の橋渡し役を果たすべきだと強調し、核兵器禁止条約の批准も求める。

 岸田文雄首相は就任後初めての参列。広島を地盤とする首相として、式典あいさつが注目される。