【北京共同】中国外務省は5日、台湾訪問を理由に、ペロシ米下院議長と直系親族に「制裁措置を取ることを決めた」と発表した。ただ具体的な制裁内容は一切明かしていない。

 ペロシ氏が「中国側の重大な懸念と断固たる反対」を顧みずに訪台したと指摘し、「中国への重大な内政干渉」だと非難。「中国の主権と領土の保全を深刻に損ない、『一つの中国』原則を踏みにじり、台湾海峡の平和と安定を脅かした」として、訪台は「あくどい挑発行為」だと主張した。