【北京共同】トヨタ自動車が5日発表した中国市場の7月の販売台数は、前年同月比6・0%増の18万400台だった。日産自動車も4・6%増の10万203台で、5カ月ぶりに前年実績を上回った。既に発表したホンダは23・5%増と大きく伸びた。

 中国政府が打ち出した購入支援の政策も追い風となり、新型コロナウイルスの影響で苦戦していた日系勢に勢いが戻ってきた。

 トヨタは「ハリアー」などスポーツタイプ多目的車(SUV)の商品群を中心に好調だった。ただ、輸入の高級車ブランド「レクサス」は半導体不足の影響が続き、13・9%減だった。