国に無登録で暗号資産(仮想通貨)や人工知能(AI)を利用した投資ファンドへの出資を勧誘し、現金をだまし取ったとして金融商品取引法違反と詐欺の罪に問われた自営業佐藤広行被告(56)=大阪市=に神戸地裁(安西二郎裁判官)は5日、懲役2年4月、罰金100万円(求刑懲役3年6月、罰金100万円)の判決を言い渡した。

 判決によると、2018年、岐阜市の女性に投資ファンドへの出資で高額な配当を受けられるなどとうそを言い、現金300万円を詐取。また和歌山市の女性ら計11人に無登録で暗号資産や投資ファンドへの出資を勧誘した。