兵庫県尼崎市議会事務局は5日、所属していた会派「日本維新の会」の政務活動費で購入したパソコンの納品書を偽造したなどとして、光本圭佑市議(43)に対する有印私文書偽造・同行使容疑などの告発状を県警に提出、受理された。

 市議会事務局によると、光本市議は昨年8月、パソコン6台など計約76万円分の政活費の支払い請求を巡り、納品書などを偽造したなどとしている。中嶋成介事務局長は「捜査結果を踏まえ、議会として再発防止策を考えていきたい」と述べた。

 光本市議は納品書偽造の他、会派の同意なく政活費250万円を引き出したとして国政政党の日本維新の会の県組織から除名された。