阪神は5日、大山悠輔、北條史也の両内野手が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。球団によると、大山は無症状で、北條は頭痛と発熱があり、ともに自主隔離としている。

 ロッテは平沢大河内野手、森脇浩司ヘッドコーチ兼内野守備コーチ、大隣憲司2軍投手コーチの陽性を発表した。4日のPCR検査で判明した。

 中日では溝脇隼人内野手がPCR検査で陽性判定を受けた。