安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁は5日、同庁が設置した警護の「検証・見直しチーム」の作業の途中経過として、演説会場で元首相の周囲にいた警護担当者4人が1発目の銃声を発砲音と認識していなかったと明らかにした。「花火のような音だった」などと説明しているという。

 警察庁は都道府県警に対し、要人警護での同庁の関与を強める一環として、基本的事項を定めた「警護要則」の見直しを視野に検討している。

 演説会場はガードレールに囲まれたスペースで、元首相の背後を車道が走っていた。