末松信介文部科学相は5日の閣議後記者会見で、2015年に旧統一教会から世界平和統一家庭連合への名称変更が初めて文化庁に申請され、形式的な要件を満たしていたため受理したと明らかにした。「受理を拒むことは行政上の不作為として違法性を問われる恐れがある」と述べた。

 文化庁によると、1997年に教団から名称変更に関する相談があったが、最終的に申請は出されなかった。「理由は分からない」としている。

 文化庁は、申請の受理前と名称変更の認証前の少なくとも2回、当時の下村博文文科相に報告していた。

 申請は2015年6月で、文化庁は同年7月に受理、同8月26日に認証した。