日本維新の会の東徹前総務会長は5日、松井一郎代表の後継を決める党代表選への立候補を断念すると表明した。共同通信の取材に明らかにした。理由に関し「このままでは党内の亀裂が先鋭化するため、融和を優先した」と述べた。

 東氏の出馬断念で代表選へ立候補を予定しているのは馬場伸幸共同代表、足立康史国会議員団政調会長、梅村みずほ参院議員の3人となった。

 代表の松井一郎大阪市長は4日の記者会見で、馬場氏を応援する考えを言明。東、足立、梅村の3氏については出馬理由が明確ではないとけん制していた。