農林水産省は5日、2022年上半期(1~6月)の農林水産物・食品の輸出額が前年同期比13・1%増の6525億円となり、上半期として過去最高だったと発表した。新型コロナウイルス禍で落ち込んでいた外食需要が回復し、米国向けなどが好調だった。円安の進行も寄与した。

 品目別では、ホタテガイが67・8%増の387億円、ブリが64・5%増の209億円と大幅なプラスだった。米国の日本食レストランなどで需要が伸びた。日本酒は33・7%増の234億円で、インターネット通販向けなどが拡大した。イチゴもアジアで人気が高く、29・7%増えた。いずれも過去最高の輸出額となった。