【ロンドン共同】英国の次期首相を決める与党保守党党首選のテレビ討論が4日実施された。スタジオ観客の挙手による投票でスナク前財務相(42)が大多数の支持を獲得し、これまで世論調査でリードしてきた対抗馬のトラス外相(47)に反撃。党員による決選投票の締め切りまで1カ月を切っており、巻き返しを狙う。

 討論でスナク氏は司会者からの数々の難問をかわし、冗談や言葉遊びでスタジオを沸かせる場面も。トラス氏は、自身が掲げた目玉政策の一つを撤回したことを司会者に突かれ「誰でも意見を変えることはある」と反論した。両氏とも隠し事は「ない」と強調し、誠実さをアピールした。