大雨で多くの建物が浸水した新潟県村上市では、周囲の水が引いた5日朝、多くの人が後片付けに追われた。自宅が床上浸水し、泥にまみれて汗を流す住民も。一部の地域は断水して給水所には列ができ、「トイレや洗濯が一番大変」という声が上がる。空になった焼酎のペットボトルや応急用のポリ袋に水を入れ、続々と持ち帰っていた。

 JR坂町駅近くのスーパー「原信荒川店」は臨時休業。担当者は「機器の損傷を確認し、商品の入れ替えもしなくてはいけない。復旧のめどは立っていない」と話した。

 佐藤健次さん(72)は「玄関先まで水が来た。トイレの水がないのが一番困る」と疲れた様子だった。