低気圧や上空の寒気の影響で17日は東日本と北日本で大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫への警戒を呼びかけた。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だとしている。

 気象庁によると、前線上の低気圧が紀伊半島付近にあり、能登半島の近くでも別の低気圧が発生し、ともに東寄りに進んでいる。低気圧や前線に流れ込む暖湿気や、上空約6千メートルにある寒気の影響で、東日本と北日本では雷を伴い激しい雨が降る所がある。

 これまでの大雨で土砂災害などの危険度が高まっている所もある。