自民党が16日に正式発表する参院選公約の全容が判明した。原油・物価高対策を強力に推進して「国民の生活と産業を守る」と明記。ロシアのウクライナ侵攻や中国、北朝鮮の軍事力強化を踏まえ、国防力を抜本的に強化し「反撃能力」を保有すると打ち出した。相手領域内のミサイル発射基地などを破壊する敵基地攻撃能力を言い換えた。憲法改正を早期実現し「新しい国のかたちを創る」と強調した。関係者が9日、明らかにした。

 原油・物価高対策では燃油価格の抑制策を継続し、賃上げ企業への補助金や中小企業の資金繰り支援を拡充すると言及。新型コロナで打撃を受けた事業の再生を後押しすると訴えた。