【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、激戦地の東部ルガンスク州の要衝セベロドネツクの状況について「とても厳しい戦いだ」と述べ、劣勢であると認めた。ロシア軍は同州とドネツク州から成る東部ドンバス地域の全域制圧を狙っており、ゼレンスキー氏はセベロドネツクの勝敗が「ドンバスの運命を決する」と訴え、抗戦の構えを示した。ロシア軍は東部ハリコフ州のほか、南部や北東部でも攻撃を続けた。

 ルガンスク州のガイダイ知事は8日、ウクライナ軍のセベロドネツクでの支配地域は市郊外の工業地帯だけになったと説明した。